TEL

むち打ちの治療法

まず、むちうちは交通事故での発生率でいえば1番です。追突事故の場合ではその衝撃や慣性によって、首が一度後ろに反り返り、後頭部が背中に当たるような形となります。このことを過伸展と呼びます。この過伸展が起こった後、何が起こるかといいますと次は後ろに反っていた首が激しい勢いで前に倒れていきます。このことを加屈曲といいます。この過伸展、過屈曲によって生じた頸椎捻挫のことをむちうち損傷といいます。このように首がむちのようにしなることによって頸椎の関節の損傷が起こり様々な症状を引きおこすことになります。

次にむちうちの種類とこやま整骨院(加古川交通事故治療整骨院)での治療法について説明していきます。

 

捻挫型

この捻挫型がむちうちの中で最も多い種類となり80%といわれます。頸椎を支えている筋肉や靭帯が損傷したり、頸椎の間にあるクッション(椎間板)が損傷することによって症状が発生します。またむちうちの症状はレントゲンやMRIによる画像診断では確認できないケースが多く、診断には自覚症状による割合が大きいといえます。症状の特徴ですが、首や肩の痛み、重だるい感覚、動かしにくい、動かすと痛む、頭痛、吐き気などを起こします。痛み自体は寝違いにも似ているのですが、局部的なだけでなくその周囲に痛みが走ることが特徴です。症状の軽い場合は2~3日で激しい痛みは減っていきますが、ひどい場合は2週間程度はかなりつらいときもあります。この場合は治療を受けながら、仕事も休んで、極力安静に努めなければいけません。こやま整骨院では急性期はエレクトロマイオパルスによる微弱電流治療となります。

神経根型

首の痛みだけでなく上肢(両腕)が痺れるなどの神経症状が出現します。木で例えると、幹の部分ではなく枝の方が損傷しますので上肢の神経症状が目立ってくるのです。また上下の頸椎の間で神経が挟み込まれるために、首の動きによって痺れの増減があることが特徴です。2~3週間の安静が必要となりますが、症状が回復するためにはかなりの時間が必要です。なぜなら神経の回復は体の組織の中で最も遅いといわれるからです。また神経症状が出ている付近の筋力が弱ったり、脳が痛みや違和感を記憶するために神経が回復してからもリハビリが必要となってきます。こやま整骨院(加古川交通事故治療整骨院)ではエレクトロアキュースコープといった神経系を回復させる微弱電流治療器を使用して早期回復のリハビリを行っていきます。

脊髄型

首から下である下肢(両脚)に特に症状が現れやすいのが特徴です。痺れや感覚異常起こります。木で例えると、枝ではなく幹の方が損傷するタイプです。これによって神経根型ではなかった、排便、排尿障害が出現することがあります。この症状が現れるとかなりの重症といえます。実際に整骨院では受傷すぐに患者様がこの症状で治療に来られることは少なく、多くの場合は整形外科での入院からの治療となります。なぜかというと、この症状は交通事故時の衝撃が大きく、体のその他部位に関して、骨折や場合によっては内臓の損傷がある場合が多いからです。ですから治療は神経症状の回復してくる1カ月~2カ月後からのスタートとなることが多いですが、実際には症状が残存していることが多く、またその症状は全身に及んでいることがあります。ですから治療は全身の筋肉や神経の状態を整えていく治療となります。交通事故によるむちうちはひどくい場合全身の筋肉の緊張感が取れず、筋肉は鉄板のように固くなってしまいます。この緊張感はマッサージやストレッチだけでは取れにくいのでエレクトロマイオパルスやエレクトロアキュスコープといった微弱電流治療機器を使用しながらしっかりと時間をかけて治療していきます。

こやま整骨院(加古川交通事故治療整骨院)では様々な体の状態考えて自動的に治療してくれるエレクトロマイオパルス、アキュスコープを使用しておりますので、むちうちの症状がなかなかとれない方は、ぜひ一度微弱電流治療をお試しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセス

所在地兵庫県加古川市平岡町新在家1588-74 サニーコート1B
駐車場6台完備
電話番号079-490-3925
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日火曜日・金曜午後・日曜午後・祝日