TEL LINE

交通事故による手首の痛み

三角線維軟骨複合体損傷(TFCC損傷)とは、手と前腕の間で小指側にある、軟骨や靭帯が損傷している状態です。発生の原因として考えられるものの一つに交通事故による手首への衝撃があります。

手首が手の甲側に強制的に曲げられることによって発生することが多いといえます。またTFCC損傷はただの捻挫ではなく、後遺症を残す可能性があります。

手首を動かした時に痛むだけでなく手のしびれがててくる可能性もあります。

交通事故では、このやっかいなTFCC損傷が見つかるパターンとして多いのです。

交通事故で手を痛めてから数か月経っても痛みがとれず、病院に行ったところ判明することもあり、特に手首の小指側が痛むときは整形外科に行きMRIを撮ったほうが良い場合があります。

関節炎版、尺骨月状靭帯、尺骨三角骨靭帯、遠位橈尺靭帯などが損傷するのですが、これらはレントゲンで確認することができないのです。場合によっては関節造影や関節境を用いて検査することもあります。

症状は、手首を小指側に曲げると痛い。手首を動かした時に痛みを伴うクリック音がある。手首がずっと痛みシビレを伴う。等があります。とにかく症状が長期にわたり改善されない時は疑ったほうが良いでしょう。

治療としては、患部の損傷具合によってちがいます。軽度の場合は保存療法といって手術をしない方法でギプスやサポーターで固定します。

重度の場合は尺骨短縮術、TFCC縫合や部分的切除などといった手術を行うこともあります。

先ほども述べましたが、TFCC損傷は軟部組織であるため、レントゲンでの診断は難しい場合がほとんどです。

交通事故の際、手を衝いてから痛みが長引く場合には整形外科や整骨院で診察を受けることをお勧めします。

 

アクセス

所在地兵庫県加古川市平岡町新在家1588-74 サニーコート1B
駐車場6台完備
電話番号079-490-3925
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日火曜日・金曜午後・日曜午後・祝日