TEL LINE

交通事故による足の痛み

交通事故のケガと言えばムチウチがよく知られていますが、それ以外にも交通事故にある特徴的なケガがあります。

PCL(後十字靭帯)の損傷・大腿骨骨折・膝蓋骨骨折・股関節後方脱臼・・・

ちょっと難しい言葉が並びましたが、これらすべては交通事故の衝撃で膝がダッシュボードにぶつかることで起こり、「ダッシュボード損傷」と呼ばれます。

かなりの重症例になりますが、これらが軽度の衝撃の場合、同部位に靭帯や軟骨の損傷が起こる場合があり、見落とされる可能性もあるので注意が必要です

 

PCL(後十字靭帯)損傷

これらは車の助手席での発生が最も多いようですが、後部座席でも発生することがあるようです。通常車に乗っている時は膝を伸ばしてすわっていることはなく、膝を曲げて座っていることが多いです。この膝が曲がった状態の時に交通事故の衝突の際の衝撃や、急ブレーキが発生し、膝をダッシュボードにぶつけた時に、膝関節の下にある下腿部が後方へ移動することを防いでいるPCL(後十字靭帯)が切れてしまうのです。

 

大腿骨骨折

交通事故の際にダッシュボードに膝をぶつけ、大腿骨に軸圧が強くかかり骨折する。大腿骨は骨折した際の出血も多く、他の部位の骨折とくらべて注意が必要です。

 

膝蓋骨骨折

交通事故の際にダッシュボードに膝をぶつけ、膝蓋骨骨折(膝のお皿が割れる)を起こす。膝蓋骨は大腿骨と関節(つながっている)しており、この膝蓋大腿関節を損傷することにより、骨折の痛みだけでなく、関節の捻挫による痛みがおこるため注意が必要。

 

股関節後方脱臼

股関節は大腿骨と腸骨でつながっていますが、この関節の受け皿である腸骨を大腿骨が破壊して脱臼したり、大腿骨の骨頭(大腿骨の先端)が損傷し、処置が遅れると骨が腐ってしまう可能性もあり注意が必要。また大事な坐骨神経が通るところでもあり、脱臼した骨が坐骨神経を圧迫し、神経痛が発生する。

 

実際に骨折や脱臼まで行ってしまうと救急車で病院に運ばれている状態であると考えられますが、衝撃が軽度の場合で、膝関節周辺や股関節に痛みがある場合はPCL(後十字靭帯)損傷や股関節の関節唇損傷、坐骨神経痛やヘルニアも疑われるので、問診の際にはしっかりと伝えるようにしましょう。

 

アクセス

所在地兵庫県加古川市平岡町新在家1588-74 サニーコート1B
駐車場6台完備
電話番号079-490-3925
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日火曜日・金曜午後・日曜午後・祝日