TEL

むち打ち 子供の場合

加古川交通事故治療整骨院(こやま整骨院)での子供のむち打ち治療

子供の交通事故でのむち打ちなど、怪我の治療は、大人に比べると難しい傾向があります。なぜかというと、子供は大人に比べて症状に対しての説明が難しく、また、遊びなどに熱中していると、痛いがなくなったかのように勘違いしてしまうくらい、夢中で動き回ることがあるからです。ですので動きや言動から症状を読み取ることが大人に比べると難しいため、特に注意深く観察することが必要です。私自身、子供を診察するときに注意していることは、子供に診察中に痛みについて聞き取りを行うよりも、実際に動いてもらったり、自宅での動きの確認をご両親にお願いし、数日かけてチェックしてもらうようにしています。
しかし、それでも不十分な時があります。

事故の大きさにもよりますが、たいていのむち打ちは事故から1か月~2か月くらいで、特に強い痛みに関しては消失します。そして、むち打ちした頸椎周囲の筋肉の重だるさや、頭痛や吐き気などが残り、首を動かしたときの鋭い痛みは少なくなってきます。そのようなことからで痛みを訴えないので治療を終了すると、数日後、また痛くなったと言い始めることがあるのです。また、大人の場合はむち打ちの痛みがあるうちは、あまり痛みの強く出るような動きはしないのですが、子供の場合は先ほども言いましたように、遊びに夢中になっていたりすると、痛みのことをわすれて、一番安静にしないといけない、受傷後2週間を動き回って過ごしてしまい、このことが原因で、治りが遅くなってしまうことがあります。一度、整形外科で治療を終了する旨の診断書を受けてしまうと、その後は自賠責保険を適用した治療ができなくなってしまいますので、子供の交通事故後の治療に関しては、すぐに良くなったと決めつけるのではなく、後遺症を残さないためにも症状の経過をしっかりと確認し、最低でも2週間程度痛いと言わないようになってからの治療終了としたほうが良いといえるでしょう。

 

加古川交通事故治療整骨院(こやま整骨院)トップページにも子供の交通事故治療に関しての良い点、悪い点を説明しておりますので、ご確認ください。

アクセス

所在地兵庫県加古川市平岡町新在家1588-74 サニーコート1B
駐車場6台完備
電話番号079-490-3925
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日火曜日・金曜午後・日曜午後・祝日