TEL

交通事故後の対応(示談は必要?)

☆こやま整骨院(加古川交通事故治療整骨院)から交通事故の豆知識☆

交通事故を起こしたことによる損害賠償金をいくらにするのかを話し合うことを示談と呼びます。

ですがこの示談についてはあまりおすすめできません。

まず事故を起こした時みなさんは冷静でいられるでしょうか?はじめて事故を起こした方ならなおさらです、どうすればいいのだろうとオロオロしている時に、どちらが悪かっただとか、重要なことを話あうことはまず避けたほうが良いかもしれません。

ではどうすればよいのでしょう?

 

はじめは警察と保険屋さんに任せましょう。

 

それ以外については常識的な対応で良いかと思います。

 

しかしここで相手に対して過剰に自分の非を認めてしまうのも良くないことかもしれません。

これは私の経験ですが、ある朝、通勤で車を走らせていたところ、駐車場から突然車が飛び出してきて衝突してしまいました。買ったばっかりの新車で、しかも明らかにこちらが優先なのに・・・そう思うと悲しさと悔しさでいっぱいでした。しかし、相手方のドライバーは車から下りてくるなり「あなたも動いていましたよね??」・・・・常識的に考えて謝罪の一言はないのかとすごく腹が立ったのを覚えていますが、結局のところ自分の非を認めることで過失の割合が変わってきてしまう可能性があり、それを避けるため出た言葉だったのでしょう。

自分に過失がある場合、申し訳ありませんでした、くらいの謝罪はやはり必要かと思いますが、あまり過剰に過ってしまうと自分の非が大きくなってしまう可能性もありますので注意が必要といえるかもしれません。

 

それともう一つ重要なのがムチウチや、それによる手のしびれ、めまい、神経症状等は事故直後は症状が出ないことが多く、後になって痛くなってくることがあります。ですが、交通事故治療を受けるためには事故証明書がいるのですが、示談をしてしまうと事故が証明できず治療を受けられなくなる可能性があります。

その時大丈夫だから示談して、早々に解決できたと思っていたら後で後悔することになるかもしれませんので十分ご注意ください。

 

 

 

 

 

アクセス

所在地兵庫県加古川市平岡町新在家1588-74 サニーコート1B
駐車場6台完備
電話番号079-490-3925
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日火曜日・金曜午後・日曜午後・祝日