TEL LINE

自賠責は人身事故でないと使えない

☆こやま整骨院(加古川交通事故治療整骨院)から交通事故の豆知識☆

まず交通事故に遭った後、警察の方が来られるわけですが、お互いの事故の状況やケガの程度を確認し、最終的に必ず人身事故にするのか物損事故にするのかどうかを聞かれます。

そこで人身事故の扱いにすれば自賠責保険は使えるのですが、もし物損事故にしてしまった場合は自賠責保険は使えなくなってしまいます。しかし、もし仮に物損事故扱いにしたのに、後になって痛みが出てきて病院に行った時に人身事故扱いにすることができることもあります。その方法を以下に記します。

まず病院に行って医師から、症状があるということで診断を受けた場合、診断書(警察に提出するための診断書)を書いてもらいましょう。この時、事故から受診日までの期間が短いほうが物損事故から人身事故への変更がしやすくなるので、できるだけ早期に受診することが望ましい。次に警察署に提出します。この時「交通事故証明書」と「人身事故証明書入手不能理由書」を同時に提出することで認められるケースもあります。

このように物損事故から人身事故への切り替えができるのですが、認められない場合もありますので、「少し痛いくらいだから大丈夫」と安易に考えないように注意しましょう。交通事故の場合は何度も言いますが、その時大丈夫でも後から痛くなってくることが多いのです。

アクセス

所在地兵庫県加古川市平岡町新在家1588-74 サニーコート1B
駐車場6台完備
電話番号079-490-3925
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日火曜日・金曜午後・日曜午後・祝日